アーティストもびっくり 驚愕の健康
アーティストもびっくり 驚愕の健康
ホーム > 注目 > 配偶者ビザで来日した夫の友達

配偶者ビザで来日した夫の友達

配偶者ビザで来日した夫の友達と休みのときにはよく居酒屋やカラオケなどにいくことが多く、毎月どこにいくのかを決めることが月に一度の楽しみとなっています。

たまたまテレビで見たバルの特徴を見て、今流行っているということをしり、流行っているのであればいってみたいなと思っていたところ、来日のビザで手間取って未だ海外にいる友達に連絡をすると同じことを考えていたみたいで、インターネットで探したところいい感じのお店があったので、はじめていってみることになりました。今は、海外からでもお店が探せるのでちっとした驚愕ですね。早くイミグレーションを通過してくれと日本からお祈りしていた願いが通じたのか、彼女たちは査証が許可されてほどなく入国!

私が行ったバルは、雰囲気が居酒屋という感じではなく、見た感じはカフェのような感じだったので、お店に入りやすくて、日本人、アメリカ人、台湾人の女子三人でも入りやすいお店という印象を受けました。まあ、ニューヨーク育ちのアメリカ人の彼女には当たり前の風景だったかもしれません。

カフェのようなお店でしたが、まわりではお酒を飲んで楽しんでいる方が多くいたので、私たち三人もまずはそれぞれお酒を頼み、食べ物は何を頼んだらいいのかわからなかったので店員さんに聞くと、ほとんどの方がタパスというものを注文するとのことだったので、とりあえずタパスというものを注文しました。

タパスは、はじめて見ましたが色もきれいで生ハムからトマトを使った料理、チーズを使った料理などの一口サイズのおつまみのような料理だったので、配偶者ビザで来日した夫の友達3人で分けて食べることができたので、タパスははじめてでしたがすごく気に入りました。

他の料理も頼みましたが、どれも色鮮やかでトマトやチーズなどを使った料理が多かったので、女子が好きな料理が多いという印象をうけました。台湾人の先ごろ結婚した夫が好きならば、もう一度来ようかな。以上、「配偶者ビザ」でした。